働き方改革

デジタルシフトで、しくみを変える、しごとを変える

E・Jグループでは、全役職員が活き活きと働き、やりがいのある職場づくりを目指して働き方改革を進めています。この働き方改革を進めていくに当たっては、業務のデジタルシフトによる、“しくみを変え”、“しごとを変える”ことに取り組んでいます。デジタルシフトにより効率化を図り、長時間労働の更なる是正や、多様な働き方が可能な環境の整備とともに、女性活躍施策や、両立支援施策、若手社員のキャリアアップ・育成施策、シニア社員の活躍施策等を展開し、多様な人財が能力を最大限に発揮できる新しい働き方を創り出します。また、健康経営や安全衛生の強化などにも取り組み、スマートで健全な働き方を実現します。

生産性向上

E・Jグループは、ICTやAIの活用により、生産活動と間接業務の両輪において働き方改革の推進力となる生産性向上を進めています。その内、生産活動の具体的な取り組みとしては、国内民間企業初となる小型AUV※ の導入や、ASV※搭載型のマルチビーム測深機の導入などをおこない、これまで多くの時間を費やしていた業務の効率化を図り、品質の確保と併せて生産性の飛躍的な向上に取り組んでいます。

  • ※AUV(Autonomous Underwater Vehicle):自律型無人潜水機 水中で活動するロボット
  • ※ASV(Autonomous Surface Vehicle):自律航行無人艇
  • ※UAV(Unmanned Aerial Vehicle):無人航空機 通称としてドローンと呼ばれる

ワーク・ライフ・バランス

E・Jグループでは、働き方改革の一環として「ワーク・ライフ・バランス」を推進しています。生産性向上や品質確保はもちろんのこと、社員の健康や労働環境を改善し、より質の高いサービス提供を継続して実現するための働き方改革を進めています。具体的な取り組みとしては、(株)エイト日本技術開発において、長時間労働の是正に向けたPC画面ロック制度を導入すると同時に、ウィークリースタンスの徹底やノー残業デーなどを実施しています。また、「次世代育成 行動計画」を見直し、アニバーサリー休暇を正式に制度化するとともに、育児・介護に係る「勤務地限定正社員制度」も導入しています。

ウィークリースタンス

●月曜日は、依頼の期限としない 「ノーピリオド」
●水曜日は、定時の退社を心掛ける 「ノー残業」
●金曜日は、新たな作業を依頼しない 「ノーリクエスト」

ページの先頭へ